相続登記とその費用について

相続登記とは、相続手続きにおいて必要となるものです。手続きは、登記簿謄本を取得して所有権確認を行うことから始まります。その後、戸籍や住民票及び評価証明書を収集して相続人を確定させることになります。
相続人を確定させた時点で、相続登記の申請書類を作成することになります。そして、作成した書類を法務局へ郵送若しくは持参することになります。


相続に関する登記を、専門家である司法書士に依頼する場合は更なる費用負担が生じます。司法書士へ納付する報酬ですが、立会費として二万円位掛かることになりますが、この立会は不要となることが多いです。また、司法書士へ納付する報酬は消費税も含まれていますが、自分一人で行う場合は消費税は非課税となります。
登記を自分で行う場合には、例えば課税価格が五百万円の財産であれば登録免許税は二万円となり、印紙代は八万円となります。遺産分割協議書や相続関係の説明図の作成は自力で行った方が無難となります。また、司法書士に依頼する場合は、自分で費用負担する場合の二倍以上の額を負担することなるので、状況に応じて考えるべきとされています。
因みに、相続登記に関する説明ですが、個々の自由業者のサイトで分かり易く紹介されています。自分で行うのが無難であるとされており、良心的な自由業者であれば無料相談をしてくれるのでこれは注視すべき事となります。

コメントは受け付けていません。