換価分割とは 

主な遺産分割方法には、個々の財産を誰が取得するのか決める現物分割・特定の相続人が財産を相続する代わりに、その相続人が他の相続人にお金を払う代償分割・相続財産を売却してお金に換えて相続人にお金で分配する換価分割の3種類があります。
相続財産のなかには、相続人が所得を希望しないもの、代償分割をしても代償金が支払えない場合があり、このような場合には、相続財産を売却し、その代金から相続人間で分配する換価分割が行われます。


登記が必要な物は、所有権の繋がりが必要なため、一度、相続財産を共有とする相続登記を行ってからでないと処分ができません。
相続財産を共有とする不動産登記には、法定相続分による共有登記と、遺産分割協議にもとづく共有登記の2つがあります。
相続税は、相続財産の相続開始時の評価額をもとに、各相続人の共有割合に応じて課税されますが、共有物の分割をしても、原則、譲渡所得課税はかかりません。
しかし、分割された土地等の価額比が、共有持分の割合と著しく異なるときは、共有者相互間で財産価値が移転したことになり、
その価額差に見合う対価の授受がなければ贈与になり、実際に対価を授受すれば譲渡所得として課税されます。
遺産は遺言・分割協議・調停・審判による分割されますが、遺言・調停・審判の場合は書面で分割内容が残りますが、分割協議では、後々のトラブル防止・相続税申告・相続登記のために、遺産分割協議書を作成する必要があります。
遺産分割協議書には、誰がどの相続財産を取得したのかを明確にして、署名、印鑑証明を受けた実印で押印、相続人各自で保存する必要があります。

コメントは受け付けていません。