遺産分割協議とは

亡くなった人の遺産は、相続人全員の同意があれば、遺言の内容や民法の規定に従わずに遺産を分割することができます。このとき、この遺産の分割方法を決めるために相続人が集まって協議を行うことを遺産分割協議といいます。
遺産分割協議は、遺言が無い場合や、遺言に記載されていない故人の遺産がある場合、遺言に各相続人が取得する財産の割合しか示されていない場合は、必ず実施しなければなりません。協議は相続人全員の参加が原則で、決定は相続人全員の合意が原則です。しかし、相続人の中に遠方にいて協議の場に参加できない者が含まれている場合は、相続人が1人または数人で分割案を作成して、持ち回りで全相続人から分割案の承諾を得る形でも、協議を成立させることができます。


協議の中で出された遺産の分割方法に相続人全員が合意した場合は、遺産分割協議書を作成しておく必要があります。この書類がなければ、不動産の所有権移転登記や相続税の優遇措置を受ける手続きなどができないからです。その一方で、相続人同士でトラブルが起き、話し合いがまとまらずに終わった場合は、家庭裁判所の調停や審判によって遺産の分割方法を決定します。なお、遺産分割協議書は相続人全員の署名と押印がなければ書類として効力を持たないので注意が必要です。

コメントは受け付けていません。