法定相続分について

法定相続分とは、民法で定められた相続財産の取り分のことです。
この法定相続分は、まず配偶者に優先的に取り分があります。
配偶者以外に相続人がいなければ、取り分は100%ですし、絶対に法定相続人となります。
ただし、正式な婚姻関係が必要なため、内縁の妻などは認められません。
次に優先されるのは、子供です。
配偶者と子供というケースなら、それぞれの取り分は2分の1ずつとなります。
ただし、子供が複数いる場合は均等に分けることになります。


ですから、上のケースで子供が二人なら、それぞれ4分の1ずつということになります。
子供しか相続人がいない場合は、当然取り分は100%です。
その次に優先されるのが、父母です。
配偶者も子供もいない場合は100%の割合で相続分がありますが、子供がいなくて配偶者がいる場合は配偶者に3分の2・父母に3分の1となり、配偶者がいなくて子供がいる場合は取り分がありません。
そして最も優先度が低いのが、兄弟です。
配偶者も子供も父母もいなければ100%の取り分となりますが、子供と父母がいなくて配偶者がいる場合は配偶者に4分の3・兄弟に4分の1となり、配偶者がいなくて子供もしくは父母がいる場合は、取り分がありません。

コメントは受け付けていません。