代償分割とは

遺産分割には、現物分割、換価分割、代償分割の3つの方法があります。現物分割は、遺産を現物のまま、それぞれ相続人に分割し、換価分割では全て売却して、その代金を分割します。代償分割は、これらの方法での遺産分割が難しく、相続人全員が納得する分割が出来ない場合に行われる方法です。方法としては、相続人の一人または数人が遺産を取得して、その他の相続人に金銭などを与えます。


代償分割は、自宅・農地・事業用地や自社株などが主な遺産の場合に、よく行われます。現金が遺された場合には、平等に法定相続分で分割できますが、自宅が遺された場合に、法定相続の割合で共有にすると、売却の際にトラブルになりがちです。このようなケースでは、一人が相続して、他の相続人に代償金を支払う代償分割が行われます。
注意したいのは、遺産分割協議書で明記しておかないと、代償金が贈与と見なされて、贈与税が課せられることがあることです。遺産分割協議書に、「代償として支払う」ことを記載しておくことが大切です。
代償金を支払う側は、代償金の支払いに加えて、自分の分の相続税も支払う必要があります。もらう側は、その負担も考慮して、代償金の請求をするようにしましょう。

コメントは受け付けていません。