遺産分割について

相続が発生して、相続人が相続放棄をしたり、限定承認などをしないで3ヶ月が経過すると、相続財産が確定し相続人間で、一切の権利・義務を承継することになります。
一般的には、相続人間で特別な取り決めをしなければ、民法の規定に従って相続割合通りに相続をすることになります。
相続人が複数いる場合は、相続人間で被相続人の相続財産を共有することになるため、共有状態を解消すべく遺産分割を行います。
遺産分割の手続きには、次の3つがあります。


???? Vol.7 ??????????
①遺言による分割…被相続人が、遺言で分割の方法を定めている場合は、その指定に従います。
②協議による分割…遺言がない場合や遺言があっても相続分の指定のみをしている場合または遺言から漏れている財産がある場合は、相続人間の話し合いで相続分を決めることが出来ます。なお、相続人全員の参加が必要です。
③調停・審判による分割…協議などで話がまとまらない時は、家庭裁判所に遺産分割の請求をすることが出来、調停→審判の順番で進むのが一般的で、調停が成立しない時は、当然に審判手続に移行します。
分割の方法として、①現金分割、②換価分割、③代償分割、④共有分割があります。
現金や預金であれば、簡単に分割をすることが出来ますが、土地や建物になると複雑になります。